中古住宅の価格と相場

中古住宅を購入するにあたり、その住宅が高いのか安いのか、適正な価格を判断しなくてはなりません。業者によっては高すぎる業者もあれば、あまり安すぎても何か問題があるのではないかと思ってしまいます。

 

それでは、中古住宅の価格相場を見極めるポイントを検証してみましょう。

 

そもそも中古住宅は、事例比較法によって価格を決定します。つまり、周りの物件の価格相場をもとに比較をして決定するのです。標準相場に加減点法を用いて計算していきます。

 

加減点の基準となるのは、商店街や学校など周りの生活環境、駅やバスの停留所までの距離や都心部への移動手段などの交通状況、住宅物件の劣化状況や設備の有無などを考慮して決めていきます。

 

同じような物件であっても、人気の駅のエリアの物件は高くなったりします。これらは周囲の物件相場から適当かどうか判断がつくと思います。同じような物件で価格に差がある場合は、劣化状況に問題がある場合もあります。これはしっかりと見たり調べたりしていくしかありません。

 

逆に、売り手が早く売りたくて急いでいる場合もあります。この場合、相場よりも安くなっていることが多く、こういう物件はおすすめ物件となります。

 

中古物件の相場を調べるには、自分の足でたくさんの物件を見てまわるしかありません。特に住宅の場合、地域に特化した情報が必要になってきます。仲介業者の意見は参考にしながらも、偏った発言をしてくる場合も多いので、自分でたくさん見て、相場観を養っていくのが一番有効な手段となるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市