建築条件付き住宅を購入

不動産の広告などで、「建築条件付き住宅」や「建築条件付き宅地」などの広告を目にすることもあるかと思います。ここには、土地の値段に対して、建物のプランが記載されているのが一般的です。

 

建売住宅の場合は、建物の変更は一切できないのに対して、建築条件付き住宅は、建物の仕様は注文できる新築住宅の購入方法になります。いわばオーダーメイド住宅というイメージですが、建物は全てオリジナルに、自分の好きなようになんでもできるのかと思えばそうではありません。

 

建築条件付き住宅は、基本的には土地の売買となり、売り手の指定する建築会社に家を建ててもらうことを前提にした契約になります。つまり、自分が工務店やハウスメーカーを自由に指定できるわけではありません。

 

ここで注意しなくてはならない点は、本来建築会社さえこだわらなければ、家のデザインや間取りは自由に指定できるはずですが、建築会社がある決まったプランを強制してくる場合もあるのです。これでは建売住宅として何ら変わりがありません。こうした悪質な業者には注意をする必要があります。

 

逆にセットプランを選択することにより、全くの注文住宅よりは手間がかからなかったり、安くできる場合も多くなります。土地も比較的安く購入できる場合が多いので、あまりこだわらない方にはいいかもしれません。

 

しかし建売住宅と同じように、欠陥住宅や手抜き工事も心配なので、指定建築会社を含めた業者選びは慎重に行う必要があります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市