住宅ローンの借り換え

住宅ローンをすでに組んでいる方は、現在のローンを新しい住宅ローンに借り換えする場合もあるでしょう。

 

特に、バブル期のように高金利時代に組んだローンの場合、金利が高いローンとなっているため、近年の低金利時代の固定金利型ローンに借り換えることにより、金利負担分を減らすことができるようになります。

 

住宅ローンの借り換えの目的は、金利を減らし、総返済額を減らしたり、月々の返済額を見直すといった目的から、変動金利による将来の金利上昇のリスクをなくすという目的などがあります。

 

ここで、住宅ローンを借り換えたら、必ずしも返済額が減って得をするというわけではありません。

 

なぜなら、住宅ローンの借り換えとは、今までのローンを完済する事を条件に、新しいローンを組むという事になるため、ローン契約のための手数料などがかかってくるからです。もちろん、経済状況が悪化してきている近年においては、融資を受ける審査が厳しくなっており、以前は融資を受けられた方が、今でも審査に通るとは限りません。

 

よって、住宅ローンの借り換えが可能かどうかを調べるとともに、借り換えた事により、それに伴う経費を差し引いて、最終的に得をするかどうかを見極めていく必要があります。

 

しかし、長期に渡り大きな金額の住宅ローンの場合、1%の金利差でも大きな違いがあります。よって住宅や仕事などの生活が変わるようなタイミングには、住宅ローンの借り換えも十分に検討する価値がある事は念頭に入れておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市