新古と中古の違い

中古マンションは名前のとおり、一度は誰かが住んだマンションとなりますが、新築で1年以上売れずに残っている物件のことを新古マンションといいます。新古マンションはもちろん誰も住んでいないマンションのことになります。

 

新築マンションは、建築後1年以内の未入居のマンションのことを指します。また築2年以上のマンションは、未入居であっても中古と表記しなくてはいけないため、築1年以上2年未満のマンションを新古マンションと呼ぶようになっています。

 

この新古マンションは、未入居であるのにも関わらず、新築よりも1〜2割くらい価格が安くなっているので、非常にお買い得なマンションとなります。

 

ここで住宅ローンについても考察が必要です。住宅ローンは新築マンションと中古マンションでは条件が違ってきます。中古マンションの住宅ローンは融資期間が短くなるのが一般的です。また、住宅金融公庫などの公的融資は、中古マンションの購入には使えません。

 

しかし、新古マンションの場合、低金利で長期借り入れが可能な住宅金融公庫の融資も受けられるので、これは大きな魅力となります。

 

しかし、新古マンションは必ずしもいいとは限りません。やはり1年以上売れ残っているのにはそれなりの理由があるからです。例えば、マンション内でも陽当たりに問題があるとか、もともと高すぎであったり、モデルルームとして利用されていて痛んでいるなど、様々な理由も考えられるので、デメリット部分も把握して検討していく方が良いでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市