中古マンションの長所・短所

近年の日本はマンション暮らしの家庭が急激に増えています。マンションは基本的に立地条件のいいところに建っていることが多く、生活の上では利便性が高いといえるでしょう。また面積もほどほどな為、掃除や片付けがしやすいというメリットもあり、夫婦共働きの家庭などには最適な住居といえるかもしれません。

 

バブル崩壊後の日本においては、土地の価格が次第に下がってきており、また低金利時代に突入し、住宅ローンの金利も下がっていることから、賃貸マンションに住んで家賃を払っていくくらいなら、マンションを購入してしまって、ローンを返済していく方が負担が少ないケースも増えてきました。

 

またマンションはニーズも高いことから、家賃収入目的の投資として購入するケースもあります。

 

このように不動産購入とはいえ、マンションの購入は意外と気軽な感覚で購入されているケースも多いようです。結果、短期間で手放すケースも増えており、中古マンションの市場もたくさんあります。

 

中古マンションの最大のメリットは、新築に比べて価格が安くなることです。比較的新しいマンションも多く、リフォーム代を考慮しても新築より安くなることが多いからです。また、前の住民に内観させてもらえたり、マンション内の住民に評価を聞くこともできます。

 

逆に、建物の劣化がひどい場合も考えられ、設備面や構造面に問題がある場合もあるので、デメリット部分をしっかりと確認した上で購入する必要はあるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市