住宅購入の税金

住宅購入時には様々な税金が必要となります。普段はなじみのない税金などもありますので、基本的な知識は覚えておきましょう。ここでは中古住宅購入時に必要な税金をまとめてみます。

 

まず不動産取得税は、土地や住宅を購入した時に、一度だけ課税される税金になります。ちなみに、不動産取得税は、建物の増改築時にも課税されます。

 

固定資産税は、土地や住宅などの固定資産の所有者として登記簿に登記された人が、毎年支払う税金となります。固定資産税は、毎年の1月1日の登記で計算されるため、新築住宅の場合は翌年の1月1日からの支払いになります。中古住宅の場合は、その年は売り主に課税されますが、購入した日より日割り計算で買い主が負担する事になります。

 

また都市計画税が、市街化区域内にある土地や住宅の所有者にかかります。こちらは特に申告する必要はなく、固定資産税と一緒に収める仕組みです。

 

不動産を登記する時には、登録免許税がかかります。中古住宅を購入する場合は、所有権の転移登記をすることになります。また、住宅ローンを組む場合にも、抵当権設定登記があり、この際も登録免許税がかかります。

 

さらに、住宅の購入時には、様々な手続きに対し、購入金額に応じた印紙を貼ることにより、印紙税がかかってきます。不動産契約時には、不動産売買契約書に、住宅ローンの契約時には、金銭消費貸借契約書に、住宅の工事を業者に依頼する時は、工事請負契約書など、様々な印紙代がかかってきます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市