購入の時期と値引き

中古住宅を購入するタイミングを検証してみましょう。

 

一般的に土地を購入し、新築住宅を建てるような場合は、時間をかけて計画し、良い土地が出てくるのをじっくりと待つような形が多いのではないでしょうか。それに対して中古住宅の場合はちょっと変わってきます。

 

賃貸住宅に住んでいるような人が、家賃を何年も払っていくのはもったいないから、引越しをする予定になったが、賃貸するくらいなら購入してしまおう、というような、意外と気軽な気持ちで中古住宅の購入を検討する人も多いのではないでしょうか?

 

特に中古住宅を選択する方の場合は、立地条件も考慮して選ぶケースも多いと思われるので、賃貸選びに近い感覚で選ぶ場合も多いと考えられます。

 

住宅の場合、物件のあるタイミングに合わせて選ぶ場合もあるでしょう。

 

また、住宅ローンを組むことを前提に、不動産の価格が安くなっているタイミング、ローンの金利が低いタイミングなど、経済情勢におけるタイミングも重要なポイントとなってきます。

 

もちろん購入者や家族のライフスタイルに合わせたり、住宅ローンを組むために他のローンが完済した時なども住宅購入には必要な条件と言えるでしょう。

 

具体的なタイミングとして、仲介業者の決算時期を狙うという方法もあります。この時期は仲介業者も契約を結びたがっているので、購入者の条件を聞いてくれやすくなります。また、売り主が売り急いでいる物件などが見つかれば最適で、このような場合は値引き交渉もできるタイミングとも言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市